耳鼻咽喉科田辺クリニックでは日頃から地域医療への貢献を念頭に

地域の皆様と積極的に関わりを持ち、地域と医療の絆を大切にしたいと考えています。

当院では大府市からの患者さんも多数来院されていますが、

今年は大府中学校2年生の生徒さんを二人、職場体験学習として受け入れることになりました。

7月15日(金)に行われた事前打ち合わせの様子。

1TCshokubataiken027

当日の持ち物や服装など打ち合わせしました。

初日 8月1日(月)

2TCshokubataiken579

看護師と医療事務のチームに分かれて一人づつ学習してもらいました。

こちらは看護師チームで日頃診察に使われる医療材料の取り扱いについての学習を行っている様子。

2TCshokubataiken580

こちらはレセプトコンピュータの画面を見ながら医療事務について学習している様子。

2TCshokubataiken585

医療機器の洗浄なども体験学習しました。

2日目 8月2日(火)

前日とは違う業務をそれぞれ体験学習してもらいました。

3TCshokubataiken587

講師役のスタッフからカルテの記載内容や健康保険の種類について詳しく学習してもらいました。

3TCshokubataiken590

前日は医療事務でしたが、本日は医療機器の洗浄も体験しました。

3TCshokubataiken593

午前診察終了後の掃除もしっかり行いました。

最終日 8月5日(金)

もう一度、初日と同じシフトで体験学習してもらいました。

4TCshokubataiken607

医療機器や医療材料の取扱いについて、より詳しく学習してもらいました。

4TCshokubataiken608

実際の患者さんへのお会計も体験してもらいました。

4TCshokubataiken610

院内に設置された本棚の整理も行いました。

大府中学校からの説明では、この体験を通して

将来の夢や働く意義、喜び、苦労を感じてもらう機会にしたい、

という主旨のもと行われている学習ということでした。

今回体験してくれた生徒さん達が、医療に少しでも興味を持ってくれて、

地域と医療の絆を少しでも深めることができたのであれば

当院としても喜ばしいことだと思います。

耳鼻咽喉科田辺クリニックではこれからも地域との関わりを大切にしていきたいと思います。